こんな症状には御注意を

日中はポカポカ陽気、
眠くなるのは花粉症のせいだけではない様です・・・。
(眠くならない薬、飲み始めました・・・。)

先日、似たような事例があったのでお知らせ致します。

壁紙のカビ、剥がれ、結露だけが原因では無い様です。

サッシの交換をさせて頂いた例です。
壁面下部のカビ、クロスの剥がれが他と比べて著しく、
サッシ交換の際、雨漏りの痕があった為、
室内の壁を開口して確認して見ました。
雨漏り
上下で壁の色(傷み)が大きく違います。
上部も滲みていますが、下部は全体的に湿っています。
断熱材も同様です。

雨漏り1

雨漏り2
かなり痛んでいますが、建物の工法に救われました。
パネル工法の家、耐力壁では無かった為、痛んだ枠を切除し、補強しました。
原因の箇所ですが、サッシを交換した際、塞ぐ事が出来た様です。




もうひとつの事例は浴室廻り
施工前1

施工前2

浴室ドアの下部、やはり壁紙が浮いています。
こちらの事例では、土台の一部を交換、洗面所 床の下地を全面新しくしました。
新しく点検口も設けて今後 速やかに、正確に対応出来る様になっています。



確かに、冬の結露が原因で同じ様な状況は起こりますが、
やがて来る梅雨の季節、台風の季節、
ちょっと気にしてみてください。
早目の対応が建物の寿命を延ばします!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
7078位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
住宅
1218位
アクセスランキングを見る>>

ブログ来訪者カウンター

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム