マンション浴室リフォーム

築34年経っていた、マンション
浴室のリフォームです。

何度か大規模修繕が行われ、
バランス釜は浴室外の給湯器に変わっていました。
後付された配管はカバーこそついているもののちょっと残念です。

とても綺麗にお手入れされています。
タイルの目地掃除・・・大変ですよね。
工事前1

浴槽と壁面との隙間はブラックホール・・・。
私も幼い頃、ものを落としては、大量のお湯をぶちかまして回収したものです。
(回収率はあまり良くありませんでしたが・・・。)
工事前2

入口ドアの框部分は、タイルが割れて剥がれていました。
防水面でも心配ですね。
工事前3



リフォーム後です

ユニットバスは隙間も少なく、もう大量のお湯を無駄にすることはありません。
継目も少ないパネルはお手入れも楽になりますね。
今後の事も考えて手摺りを取り付けました。
事前の打合せが必要なオプションです。
工事完了2

浴室ドアはコンパクトな折戸に、
スペースの限られたマンションの浴室にはピッタリです。
写真にはありませんが、照明も新しい物に変わって、
明るくなりました。
工事完了3



考察・・・。

古いマンションの多くは、浴室等、排水の問題から、
床の高さが上がる事が多く、
今後高齢化が進むにつれて、低層(5階までの)マンションでは
エレベーターに加え、問題になる事が多くなるだろう。
今回の改装でも框の大きさは気になる所ではある。
不幸中の幸いで幅が大きく取れた為、存在感があり視認性は高い。

床を全部高くする事で段差は少なくなるが、コスト面から考えて、
現実的では無い。
又、無理にスロープを設置しても、急すぎるスロープは、却って危険だろう。

今回の様にサイズや色を検討して視認性を高めたり、
手摺りを追加する等、住み手とよく話しをして細かく詰めるのは必要だ。
そういった意味では、安さを謳う広告に安易に頼むものでは無い。
勿論、同じクオリティなら安いに越したことは無いけどね♪
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
12911位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
住宅
2056位
アクセスランキングを見る>>

ブログ来訪者カウンター

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム