久し振りの更新です。

…このところバタバタしていた?
ので、すっかりブログの更新をサボっていました・・・。

撮りためた写真を整理するのも一苦労です(汗)
肝心の写真も完工写真を取り忘れたりで、イマイチですな。
今回は、主工事にあわせて頼まれたり、対応させて頂いた事の忘備録です。

先ずは外装(塗装)工事に合せて、ひび割れ等傷みが出始めた土間の補修。
取敢えず、ペンキの塗膜で進行をとめれば綺麗にもなるし、コストも抑えられるところですが、
塗材によっては濡れた表面は滑り安く、ご高齢のご夫人にはお勧めできません。

OMOTE4.jpg
又、二つ返事で安請け合いしてしまった様です・・・。
塗材では無く舗装材にて施工させて頂く事にしました。

OMOTE3.jpg
二色の材料を混合して自然な仕上がりにする事ができました。
色のバリエーションも豊富で今後積極的に使っていきたい材料の一つですね。


次も同じお宅です。
扉が壊れて、自作されていたポストは、雨が降ると郵便物が濡れてしまっていた様です。
OMOTE2.jpg

後継品番に互換性がありうまく取付する事ができました。
「おぉ~、ピッタリ♪」
OMOTE1.jpg
これでもう、大事な郵便物がビショビショになる事もないでしょう。


次もポスト、
こちらは、ブロック門塀に組込まれており、注意しないと強度に問題が生じてしまいますね。
ポストの奥行きが浅く、二重構造になっている為、大きな郵便物や回覧板等、全く入らなかった様です。
NISHI2.jpg

NISHI7.jpg

NISHI3.jpg

奥行きが深く、ブロックも壊す事無く・・・。
数あるポストの中から選び出したポストは、タテ寸法が同じ、ヨコ寸法は少し小さくなる物の、
門扉ギリギリの奥行きが確保出来る商品です。
NISHI0.jpg

NISHI8.jpg

更に、歪んだ門扉の柱を入れ替え、汎用材を加工して歪みの無い門扉に、
勿論交換すれば綺麗になりますが、主たる工事は屋根の補修工事です。
先々の事を考えると玄関アプローチの階段、段差の問題等、検討したいところもある為、
先ずは歪みの補修に留めました。
NISHI6.jpg

NISHI5.jpg
既存の門扉事態が廃番でしたが、安易に新品交換せずに納める事ができました。
こういった補修工事も、幾つか合せてご依頼頂ければ、
コストを抑えた方法を提案する事も出来ます。
事の大小に関わらずご相談くださいね。
スポンサーサイト

プロフィール

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
12911位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
住宅
2056位
アクセスランキングを見る>>

ブログ来訪者カウンター

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム