二番構公園

今日はライフタン内の公園のひとつをご紹介します。

場所はタウン内のほぼ中央、前回のブログで紹介した市民センターと藤沢市保健医療センターに隣接しています。
(前回ブログ掲載の写真に写っていた公園です。)
緑豊かな園内は高低差を活かした水辺があり盛夏の頃はさながら街のオアシスとなっています。
供用開始は1985年8月1日
面積0.97ha

(広場越に保健医療センター、冬場のインフルエンザが流行し始めると、
急な発熱に不安を覚える住民の心強い施設です。)
1.jpg


(案内図、南北に長くタウン内を縦貫する幹線道路に面しています。)
2.jpg



(公園南側から、水辺、夏は子供たちにとって格好の水遊び場所。)
3.jpg



(西側、幹線道路越にマンション、1階部分にはテナント)
4.jpg



(東側には、ドラックストア、大型のマンションも最近建ちました。)
5.jpg



(南側、振り返ると奥に湘南大庭市民センターが・・・
住民票等限られたものだけですが土曜、日曜、休日に取得する事が出来るんです。)
6.jpg



(緑豊かな園内を進むと・・・。)
7.jpg


(丘地を活かしたビオトープ)
8.jpg



(公園北側には子供達に人気の遊具施設、最近リニューアルされたばかり、
公園の向う側に見えるのはUR賃貸住宅、湘南ライフタウンパークサイド駒寄-)
9.jpg



(園内の藤棚が見頃を迎えています。)
10.jpg

続きを読む

スポンサーサイト

ブログ始めました

2015年春 新たなスタートです。
春の萌しの訪れと供に16年勤めた都内での仕事を辞め、
職住近接の生活に向けて、着々と準備中です !

ここ、湘南ライフタウンは神奈川県の丁度中央南側、藤沢市西部に位置する所謂ニュータウンです。
区画整理事業が開始されたのは1971年、21年後の1992年に完了されています。
設計は黒川紀章、1987年には"かながわのまちなみ100選に選定されているそうです。

(湘南ライフタウン中央部市民センター北側の公園、
丘をうまく利用したビオトープが夏の涼を与えてくれます。)
2015-04-22 22

特筆すべきは、南に湘南の海、東に横浜、東京の街、西に箱根、伊豆の山、
仕事に遊びに観光にアクセスのし易い緑豊かなベットタウンだと言えます。
また、やや縦長の茄子型の区画内にはショピングセンターが2ヶ所あり、
中央部には市民センター、図書館など公共施設を南北に挟んで
藤沢市保健医療センター(休日・夜間急病診療所を設置)、消防署(藤沢西部出張所)が設置。
教育面でも私立幼稚園 3、保育園も公私あわせて3、公立小学校が4つ、中学校が2、公立高校1に加え
近接区域に私立大学の湘南キャンパスが3校という充実ぶり。

とは言え、問題もない訳では無い。
街の形成年月からも高齢化は他の同時期のニュータウン同様だ。
ただ、環境の良さから、若い子育て世代も多く、濃い地域コミュニティーもまだまだ残る
住み良い街だと思う。

今後は老朽化した住宅の再生と土地活用、新たな転入者の受け入れ、
若い世代には敬遠されがちな、地域コミュティーのあり方が問われる時期にきていると感じています。
そんな、湘南ライフタウンでの暮らしと住まいをご紹介していきたいと思います。

プロフィール

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
12911位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
住宅
2056位
アクセスランキングを見る>>

ブログ来訪者カウンター

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム