プチ改善工事

暑い日が続きます。

滞りがちのブログですが、
毎日、仕事してます。

さて、今日は既存門扉 電気錠の改善工事。

1Fリビングに電気錠のメインコントローラー。
来客時に2F居室から急いで下りてくるには危険が伴う年齢。
要するに2Fで来客対応、門扉の解錠・施錠を出来る様にしてほしい。 との要望。
テレビインターホンと接続・連動はメーカーより出来ないとの回答でした。

で、先ずは純正オプションの増設コントローラーを検討。
Max 20Mまでの有線工事が必要。
建物の構造上、増設希望場所までの距離等を考えると、
大部分の露出モール配線・・・。
費用対効果、美観から中止。



結果、施工前後の違い無しの図。
IMG_1729.jpg

メーカー、代理店商社、問い合わせしまくって結果よくわからなかったものの、
アダプターで繋げば連動しますとの回答が♪
然しながら、接続部分の詳細、図面、資料が無いとの事・・・。
施工段取りは想定ながら、今回接続実験を行いました。

さて、右側のコネクター部分、
上手くオプションのアダプターが装着出来れば、良いのですが。
IMG_1727.jpg
ま、結果オーライですね。
装着完了です。
アダプターも壁の中にうまく隠す事が出来、before after映え無い画となりましたが・・・、
接続実験の予定が、本設工事となりました。

来客時、(テレビインターホンと)門扉の施錠、解錠がインターホン本体だけでなく、
インターホンの無線リモコンでも出来る様になりました。
これでもう、慌てて2階→1階に下りる必要はありません。

想定よりも容易に納まり過ぎて、
お見積り金額よりも減額させて頂く事にして、本件工事完了です。!
スポンサーサイト

第一回住宅リフォーム助成事業情報

藤沢市 平成29年度住宅リフォーム助成事業
6月21日受付終了です。
20日午後時点の申し込み状況は200組を超えた様で、
今回も抽選になる事は間違い無い様ですね・・・。

ただ、前回に比べ大幅に応募者が減った事もあり、
前回外て再挑戦のお宅も確立高くなっています。

結果は7月中旬、早ければ梅雨明けと同時に着工出来るかもです。

補修工事

キッチンの床が、腐食により穴が開いてしまい、補修工事のご依頼です。

IMG_2146.jpg


表面のコルクタイルは腐食しカビの発生源となっています。
キッチンの台輪部分にも腐食が認められました。
抜本的補修となればキッチン取り外しと床の広範囲の補修が必要ですが、古くて大きい L型キッチン。
取り外し復旧にはリスクが大きく、工事後の保証も考えるとコストも膨らまさざる得ません。
IMG_1951.jpg


キッチンの交換は不要との事、
腐食部分を切り欠いて補修させて頂きました。
IMG_1338.jpg

今回は部分補修、
既存コルクタイル→コルク調クッションフロアを採用、明るい色で提案させて頂きました。
IMG_1339.jpg

浴室床タイル補修

先日の事ですが、
長らく放ったらかしにしていた、自邸の浴室
タイルと土間コンの間に水で浸食された隙間が生じ、
徐々に範囲が拡がってきてしまいました。

本来、タイル職人に発注をかけで、根本的に補修しなければならない状況ですが、
折角なので、自分で応急処置を行ってみました。

先ずは、浮いたタイルを剝がします。
IMG_5253.jpg

水の浸食で土間コンが砂状に劣化、更に水が浸透してグズグズになっている箇所も !
排水口周辺の劣化がかなり進んで、深刻な状況ですが・・・

IMG_5252.jpg
今回は予算も時間も無い為、
取敢えず、開いてしまった穴に、防水モルタルを流し込んで、
既存タイルを貼り戻す事にしました。

自宅ならではの苦しい決断・・・。

プライマー処理をして、
タイルを貼り戻しました。
IMG_5255.jpg

目地の処理をして、取敢えず作業完了です。
気になっていた浮きは解消された様です。
IMG_5256.jpg
もう、ユニットバスにリフォームしたい所ですが・・・。
現状では洗面所よりも40㎜ほど浴室の床が低いので、増し貼り工法で床全面の防水・補修も出来そうです。
但し、既存の土間コンが、どこまで浸食されてるかに拠りますが・・・。

洗面化粧台の交換

過日、LIXILさんのショールームにてイベントを開催。
お越し頂いたお客様から、思い掛けずお見積りのご要望♪

本日工事を行ってきました。
IMG_1253.jpg
実は先日浴室リフォームを行い洗面所の内装を張り替えたばかり・・・!
当初、洗面化粧台の交換は考えていませんでしたが、
ショールームをご案内する内に気が変わられたそうで・・・。

ピンクのカラーは新しい浴室に合せ、コーディネイトされています。
IMG_1255.jpg
サイドキャビネットの採用で収納量もアップ♪

実はこの組合せ、同一メーカーの異なるシリーズ。
把手を別途手配して違和感を軽減。
ピンクの面材も微妙に違うのですが、
使勝手とサイズ感を重視しました。

プロフィール

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
7751位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
住宅
1345位
アクセスランキングを見る>>

ブログ来訪者カウンター

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム