久し振りの更新です。

…このところバタバタしていた?
ので、すっかりブログの更新をサボっていました・・・。

撮りためた写真を整理するのも一苦労です(汗)
肝心の写真も完工写真を取り忘れたりで、イマイチですな。
今回は、主工事にあわせて頼まれたり、対応させて頂いた事の忘備録です。

先ずは外装(塗装)工事に合せて、ひび割れ等傷みが出始めた土間の補修。
取敢えず、ペンキの塗膜で進行をとめれば綺麗にもなるし、コストも抑えられるところですが、
塗材によっては濡れた表面は滑り安く、ご高齢のご夫人にはお勧めできません。

OMOTE4.jpg
又、二つ返事で安請け合いしてしまった様です・・・。
塗材では無く舗装材にて施工させて頂く事にしました。

OMOTE3.jpg
二色の材料を混合して自然な仕上がりにする事ができました。
色のバリエーションも豊富で今後積極的に使っていきたい材料の一つですね。


次も同じお宅です。
扉が壊れて、自作されていたポストは、雨が降ると郵便物が濡れてしまっていた様です。
OMOTE2.jpg

後継品番に互換性がありうまく取付する事ができました。
「おぉ~、ピッタリ♪」
OMOTE1.jpg
これでもう、大事な郵便物がビショビショになる事もないでしょう。


次もポスト、
こちらは、ブロック門塀に組込まれており、注意しないと強度に問題が生じてしまいますね。
ポストの奥行きが浅く、二重構造になっている為、大きな郵便物や回覧板等、全く入らなかった様です。
NISHI2.jpg

NISHI7.jpg

NISHI3.jpg

奥行きが深く、ブロックも壊す事無く・・・。
数あるポストの中から選び出したポストは、タテ寸法が同じ、ヨコ寸法は少し小さくなる物の、
門扉ギリギリの奥行きが確保出来る商品です。
NISHI0.jpg

NISHI8.jpg

更に、歪んだ門扉の柱を入れ替え、汎用材を加工して歪みの無い門扉に、
勿論交換すれば綺麗になりますが、主たる工事は屋根の補修工事です。
先々の事を考えると玄関アプローチの階段、段差の問題等、検討したいところもある為、
先ずは歪みの補修に留めました。
NISHI6.jpg

NISHI5.jpg
既存の門扉事態が廃番でしたが、安易に新品交換せずに納める事ができました。
こういった補修工事も、幾つか合せてご依頼頂ければ、
コストを抑えた方法を提案する事も出来ます。
事の大小に関わらずご相談くださいね。
スポンサーサイト

住宅防音工事 条件緩和発表

防衛省 住宅防音工事の条件が緩和されました♪

拡大地域のH13年9月10日までに建築された住宅が対象でしたが、
平成29年5月8日受付より、
平成18年1月17日までに建築された住宅へと条件緩和となります。
又、優先条件についても、これまでの 高齢者・乳幼児・障害者の方に加えて、
小学生の同居世帯まで拡大されます。

IMG_4960.jpg


防音工事は工事受付の前段階として、
希望届けが必要です。
・・・整理券の様なイメージでしょうか?・・・
但し、順番!?等、予測ができません。
希望届けをご提出頂いてから、申し込みまで数年・・・。
お申込み頂いてから、実施されるまで数年・・・。

ご検討のお時間はたっぷりございますので、
先ずは希望届けを提出しましょう。

外装工事着工です。

市内、外装工事着工しました。

IMG_3556.jpg
破風の痛みが気になり、ご依頼頂きました。
既に高圧洗浄と破風のケレンが済んでいます。
外壁は比較的痛みが少なかったのですが、屋根の方は痛みが進行しています。

IMG_3586.jpg
所々、塗膜が完全に剥がれています。
屋根も合せて塗装することになっています。

さて、外壁の状態に比べ、木部の痛みが確認出来ます。

IMG_3588.jpg
主に窓枠や軒天のコーナー部分です。
塗装前に補修致します。

W トラップ 解消工事

冬になると何故か多くなる排水不良・・・。
特に台所の排水の場合、食器に付いた食用油が流れてしまう事が多く、
寒さで固まり安くなるのが一因。
…夜、詰まりかけるけど、朝には問題なく流れる・・・は注意信号です!

さて、今回はやはり排水不良に悩まされたお宅。
原因は排水管の詰まりもあった様ですが、それだけでは無かった・・・という事例です。


キッチンをリフォーム後、度々排水が良くなかったとの事。
早速現地を確認です。


IMG_0188.jpg

IMG_0192.jpg
…ダブルトラップですね・・・。
古いキッチンはジャバラホース等、直接キッチン下の屋内排水管に繋がっている事が多く、
屋外の排水枡で封水面を設け臭気上りを防いでいます。
ところが、近年のシステムキッチンは引出し収納等で排水管スペースを後方にずらす必要もあり、
シンク直下にトラップが組み込まれています。
(扉タイプの収納は従来のジャバラホースタイプだったりします。)

このままでは、高圧洗浄を行っても、排水不良の解消にならず、
又、流れが悪いので、排水管が詰まり易い状態・・・。



どちらかを無くすか通気口を設ける等解消方法はありますが、
シンプルに屋外枡のトラップを切除する方法を取りました。
排水枡部分の封水も無くなり、床下から排水枡までのストレスが解消されました。
IMG_3446.jpg

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。

なんて既に2営業日目ですが・・・。
今年も宜しくお願いいたします。

年が明けてから、好天が続いていますね。
今週末の打ち合わせ準備と、昨年末にお手伝いさせて頂いたお仕事の整理中。

洗面水栓の交換。
古くなった水栓は動きも悪く、ハンドルにもガタがきていました。
カートリッジとハンドル交換との比較をして、水栓毎交換する事にしました。
IMG_0170.jpg


年末、嵐の様な風が一晩続いた翌日、お庭に瓦の欠片が落ちていたと急行しました。
IMG_3404.jpg

傷みもなく、何処も欠けていない様に見えますが・・・。
IMG_0201.jpg

褄の部分、抜け落ちていました。
瓦の構造上お互いに嚙み合ってズレない様になっているのですが、褄の部分は掛かりが浅く、
シリコンボンドで留めていた様ですが、外れてしまった様です。
IMG_0194.jpg
ほとんど影響なさそうですが、吹き込む角度によっては十分雨漏りする状態。

漆喰を詰めて、新たに瓦を削って形を合せて補修します。
IMG_0221.jpg
ま、写真じゃわからんね。
撮り方の問題か・・・。
風の冷たい冬の1日でした。

屋根絡みでもう一件、調査に上がりました。
所々地の皮膜が剥がれてスレートが剝き出しに・・・。
1月末までの工程で塗装工事を行います。
IMG_3357.jpg
コチラは追ってご報告させていただきます。

プロフィール

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
9899位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
住宅
1557位
アクセスランキングを見る>>

ブログ来訪者カウンター

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム